本当にありがとうございました。

  昨年10月から10ヶ月ぶりにお店を開き、早朝から一人でパンを作ってきましたが、

新しい形での出発を想定し、ぱんの販売をお休みすることにしました。

 

 パンを作る日々を振り返ると…。

 

 前日、出来上がりをイメージしながら仕込みます。翌朝、星のきらめきを仰ぎ、工房の明かりをつけ、生地の様子を覗き込む所から仕事が始まります。酵母と対話しながら、動き続ける。この時間、孤独な作業だけど、やっぱり悪くないなーと思いながら。そして、疲れのピークを何度となく過ぎながら、時間が過ぎていきます。お客様をお迎えする。小梅堂のぱんを求めてくださるお客様との何気ない対話の数々。お客さまのお顔、あの人、この人と浮かんできます。

 

 小梅堂での販売は、2月9日(金)で終了となり、道の駅もパンの販売は終了となりました。この10年間、 人家もまばらな里山までわざわざお出で下いまして、本当にありがとうございました。感謝の思いでいっぱいです。心からお礼申しあげます。

 

 小梅堂でのパンの販売はお休みとなりましたが、小梅堂のパンを基にしたパン作りをしてくれる友を得ました。

「社会福祉法人 みゆきの杜」の方々です。4月から「みゆきの杜」でのパン作りが始まります。みゆきの杜では、10年くらい前から国産大豆を使い、お豆腐を手作りしています。近ごろでは有機野菜も栽培し、メンバーの方が宇都宮市内でリヤカーや車での移動販売をしています。小梅堂の「おからぱん」もここで復活します。その他のぱんも徐々に作る予定す。 

 

 販売先や方法など決まり次第このブログでお知らせいたします。小梅堂の今後のプランもお知らせしていく予定です。これからの小梅堂もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

お知らせ

 

 2月9日(金)をもちまして小梅堂でのぱんの販売を

終了させて頂くことに

なりました。

 これまでたくさんの方々にご支援いただきましたことを心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 詳しくは、

 小梅堂だよりにて…。